2010/5/28

一般・技術・その他 (旧)

独インフィニオン、電気自動車の普及で売上2倍に

この記事の要約

独半導体大手インフィニオンのペーター・バウアー社長は20日シュツットガルトで開かれた経済記者クラブで、電気自動車の普及により自動車関連の売上高が2倍に拡大するとの見通しを明らかにした。\ 同社長によると、乗用車には平均2 […]

独半導体大手インフィニオンのペーター・バウアー社長は20日シュツットガルトで開かれた経済記者クラブで、電気自動車の普及により自動車関連の売上高が2倍に拡大するとの見通しを明らかにした。

\

同社長によると、乗用車には平均200~300米ドル(約160~250ユーロ)の半導体が使われている。電気自動車ではその約2倍、ハイブリッドカーでは50%増の半導体が必要になるため、同社の売上高も比例して伸びると見込んでいる。インフィニオンは自動車用の半導体市場では世界最大手で約10%のシェアを持つ。

\

同社長によると、自動車用半導体市場は年率約10%の勢いで伸びている。同社は市場平均を上回る2ケタ台の成長を見込む。

\

同社は売上高の約30%を自動車関連が占める。2009年通期(9月末決算)は前年比40%の増収(前年:約30億ユーロ)を見込んでいる。

\