2010/9/17

一般・技術・その他 (旧)

仏プジョーの電気自動車、来年分はすでに完売

この記事の要約

仏自動車大手のプジョーが今年12月に欧州市場で発売予定の電気自動車(EV)「iOn」はすでに2011年末まで完売となった。iOnをOEM供給する三菱自動車は、PSAグループのプジョーとシトロエンにそれぞれ2011年は3, […]

仏自動車大手のプジョーが今年12月に欧州市場で発売予定の電気自動車(EV)「iOn」はすでに2011年末まで完売となった。iOnをOEM供給する三菱自動車は、PSAグループのプジョーとシトロエンにそれぞれ2011年は3,500台、2012年は9,000台、2013年は1万2,000台を供給する契約を交わしており、2011年分はすでに納入先が決まっているという。PSAは2015年までに計5万台を販売する計画。

\

プジョーによると納入先は9割がレンタカー会社やエネルギー会社などの法人で、残り1割は小規模事業者や自営業者とされている。

\

PSAはEVモデルの特別販売店舗は設けず、他のモデルと同じ流通網で販売する。ただ、EVモデルの取扱店には従業員に高電圧回路の取り扱いに関する特別講習を義務付けている。

\

iOnのリース料金は月499ユーロ。プジョーは利便性を高めるため、定期的にバッテリーの充電状況や航続距離について知らせるテレマティクスサービスを実施するほか、リース当初はバッテリーがなくなって走行できなくなった際のレッカーサービスも提供する。

\