2010/11/19

企業情報 - 部品メーカー

独ZF、ホンゼルの仏子会社を買収

この記事の要約

独自動車部品大手のZFフリードリヒスハーフェンは12日、10月に会社更生手続きの適用を申請した独軽金属部品メーカーのホンゼルからフランス子会社のFonderie Lorraineを買収すると発表した。従業員約500人を引 […]

独自動車部品大手のZFフリードリヒスハーフェンは12日、10月に会社更生手続きの適用を申請した独軽金属部品メーカーのホンゼルからフランス子会社のFonderie Lorraineを買収すると発表した。従業員約500人を引き受け、事業を継続する。

\

金型鋳造部品メーカーのFonderie LorraineはZFの乗用車用変速機向けの部品やケースを生産している。同社の2010/11年度の売上高は約4,500万ユーロとなる見通し。ZFは同社の大口顧客で、現在は売上高の約9割を占めているという。

\

ZFは今回の措置により、安定した部品供給を確保するとともに、Fonderie Lorraineのその他の取引先への製品供給を続ける。ZFでは今年に入り8速自動変速機の需要が急速に高まっており、部品の安定供給を確保するために買収を決断したと説明している。

\