2011/2/4

総合 – 自動車産業ニュース

英自工会、燃料税引き上げ凍結を要請

この記事の要約

英自動車工業会(SMMT)は1月26日、4月に予定されている燃料税の税率引き上げを凍結するよう政府に求める声明を発表した。SMMTは、「燃料税の引き上げは、英国経済が回復に向かいつつあるデリケートな時期に産業界や消費者の […]

英自動車工業会(SMMT)は1月26日、4月に予定されている燃料税の税率引き上げを凍結するよう政府に求める声明を発表した。SMMTは、「燃料税の引き上げは、英国経済が回復に向かいつつあるデリケートな時期に産業界や消費者の信頼感を損なうものだ」と批判。政府に対し、歳入を確保しつつ、産業界と消費者の理解が得られる適切な課税とするなど負担軽減に努めるべきだと主張している。

\

英国の新車登録は2009年に小型商用車で前年比36%減、トラックで40%減とそれぞれ大きく落ち込んだ。昨年は小型商用車が前年比19.6%増に転じ、トラックも0.8%減と大きく回復した。ただ、SMMTでは、「新車市場の回復は脆く、4月に増税が実施されれば腰折れする危険がある」と警告している。

\