2011/3/4

企業情報 - 部品メーカー

独ZF、米にAT工場建設

この記事の要約

独自動車部品大手のZFフリードリヒスハーフェンは2月22日、米サウスカロライナ州に建設する乗用車向け8速/9速自動変速機(AT)工場の鍬入れ式を行った。投資は総額で3億5,000万ドル。国外拠点に対する投資としては過去最 […]

独自動車部品大手のZFフリードリヒスハーフェンは2月22日、米サウスカロライナ州に建設する乗用車向け8速/9速自動変速機(AT)工場の鍬入れ式を行った。投資は総額で3億5,000万ドル。国外拠点に対する投資としては過去最大の規模という。米国に乗用車用変速機工場を建設するのは初めてとなる。

\

新工場は、現地需要が拡大していることに対応するもので、2013年の生産開始を見込む。工場はサウスカロライナ州グリーンビル近郊のグレーコートにあり、敷地面積は9万平方メートル。

\

ZFの米国事業は好調に推移しており、2010年売上高は前年比50%増の16億ユーロに拡大した。米自動車大手のクライスラーから8速ATとライセンスを供給する契約を獲得したことが大幅増収に貢献した。

\

ZFは新工場でまず8速ATの生産から開始し、追って9速ATの生産も開始する考えだ。生産規模については明らかにしていない。

\