2014/11/10

西欧

英ディアジオがメキシコ社と資産交換、「ブッシュミルズ」を放出

この記事の要約

英酒造大手ディアジオは3日、メキシコ同業ホセ・クエルボと資産交換で合意したと発表した。アイリッシュ・ウイスキーの有力ブランド「ブッシュミルズ」を手放す代わりに、ホセ・クエルボの高級テキーラブランド「ドン・フリオ」の全権益 […]

英酒造大手ディアジオは3日、メキシコ同業ホセ・クエルボと資産交換で合意したと発表した。アイリッシュ・ウイスキーの有力ブランド「ブッシュミルズ」を手放す代わりに、ホセ・クエルボの高級テキーラブランド「ドン・フリオ」の全権益を取得する。

ホセ・クエルボはテキーラ世界最大手。ドン・フリオは同社の有力ブランドで、2003年からディアジオと折半出資していた。

合意によると、ディアジオはブッシュミルズと交換で、ホセ・クエルボからドン・フリオの株式50%と現金4億800万ドルを受け取る。これによってホセ・クエルボの全株式を握る。

ディアジオは2005年、仏ペルノ・リカールからブッシュミルズを取得していた。同社は多くのウイスキーブランドを保有している一方で、他の分野が手薄なことから、ブッシュミルズと交換でドン・フリオを取得することを決めた。