2015/11/2

東欧・ロシア・その他

印マザーソン・リフレクテック、ハンガリー政府と戦略提携

この記事の要約

インドのサムヴァルダナ・マザーソン・グループ傘下の自動車部品大手サムヴァルダナ・マザーソン・リフレクテック(SMR)は10月27日、ハンガリー政府と戦略的提携契約を結んだ。 SMRは自動車向け各種ミラーやランプ、車載カメ […]

インドのサムヴァルダナ・マザーソン・グループ傘下の自動車部品大手サムヴァルダナ・マザーソン・リフレクテック(SMR)は10月27日、ハンガリー政府と戦略的提携契約を結んだ。

SMRは自動車向け各種ミラーやランプ、車載カメラシステムなどを手がける。ハンガリーには1995年に進出。オ―ストリア国境に近い北西部モションマジャローヴァールとモションショルノクの工場で合わせて1,525人を雇用し、バックミラーを生産する。

同社のパール・レヴェンテ・ティボリ中東欧・ドイツ統括本部長は、契約締結はハンガリー政府の信頼の表れだと述べた。