2015/11/9

西欧

BMW、7~9月純利益は20%増

この記事の要約

高級車大手の独BMWが3日発表した2015年7~9月期(第3四半期)決算の純利益は15億7,900万ユーロで、前年同期から20.5%増加した。販売の好調、為替差益のほか、営業外収益が多く、収益を押し上げた。営業利益(EB […]

高級車大手の独BMWが3日発表した2015年7~9月期(第3四半期)決算の純利益は15億7,900万ユーロで、前年同期から20.5%増加した。販売の好調、為替差益のほか、営業外収益が多く、収益を押し上げた。営業利益(EBIT)は4.3%増の23億5,400万ユーロだった。

売上高は223億4,500万ユーロで、14.0%増加した。オートバイ部門が22.7%増の4億5,400万ユーロと好調で、全体をけん引した。

自動車販売台数は6.9%増の54万5,062台で、過去最高を更新した。同部門の売上高は15.6%増の209億7,000万ユーロ、EBITは12.7%増の19億1,200万ユーロで、売上高営業利益率は前年同期の9.4%から9.1%に低下した。