2015/11/16

東欧・ロシア・その他

スウェーデンのトレルボルグ、チェコのタイヤ大手を買収

この記事の要約

工業用ポリマー製品大手のトレルボルグ(スウェーデン)は9日、チェコのタイヤ・産業用ゴムメーカー、CGSホールディングを買収すると発表した。買収額は109億スウェーデンクローネ(12億ユーロ)。来年上期の買収手続き完了を目 […]

工業用ポリマー製品大手のトレルボルグ(スウェーデン)は9日、チェコのタイヤ・産業用ゴムメーカー、CGSホールディングを買収すると発表した。買収額は109億スウェーデンクローネ(12億ユーロ)。来年上期の買収手続き完了を目指す。3年後には買収によるシナジー効果が年3億クローネを超えるとみている。

CGSはプラハに本社を置くゴム大手で、国内で農機タイヤのミタスと産業用ゴムのルベナ、スロベニアでゴムコンパウンドとコンベアベルトのサヴァテックを傘下に置く。タイヤ生産では自社ブランドのほか、独コンチネンタルのライセンス生産も手掛ける。

同社は欧州に11工場、米国とメキシコに各1工場を持つ。従業員数は6,300人。2014年7月~15年6月の売上高は56億クローネだった。

トレルボルグによると、CGS獲得によってタイヤ子会社のホイールシステムズは農機向けタイヤで世界トップに浮上するほか、産業用タイヤで世界一の地位をさらに固める。また、売上高は約2倍に増える見通しだ。