2015/11/16

東欧・ロシア・その他

独コンチネンタル、ハンガリーに追加投資

この記事の要約

独自動車部品大手のコンチネンタルが、ハンガリーに51億フォリント(約1,630万ユーロ)を追加投資する。既存施設の拡充が目的で、北東部のニーレジハーザ工場を中心に681人の雇用創出が見込まれる。投資額のうち17億フォリン […]

独自動車部品大手のコンチネンタルが、ハンガリーに51億フォリント(約1,630万ユーロ)を追加投資する。既存施設の拡充が目的で、北東部のニーレジハーザ工場を中心に681人の雇用創出が見込まれる。投資額のうち17億フォリントは政府の助成で賄う。

ハンガリーのシーヤールト外務貿易相が10日明らかにしたところによると、具体的には◇生産ラインの新設◇面積4,000平方メートル強の工場棟の改修◇倉庫棟の新設――が予定される。新規雇用681人のうち、ニーレジハーザ工場で655人、南部マコー工場で26人が採用される見通しだ。

コンチネンタルは8月、マコー工場に対する50億フォリントの追加投資を発表したばかり。この投資計画ではマコー工場を中心に216人が新規採用される予定で、政府は10億5,000万フォリントの助成を決定している。