2015/11/23

西欧

仏工業ガス大手エア・リキード、米エアガスを買収

この記事の要約

工業ガス大手の仏エア・リキードは17日、米同業エアガスを103億ドルで買収することで合意したと発表した。これによって世界最大の市場である米国での事業基盤を大きく強化し、売上高で世界最大の工業ガスメーカーとなる。 エア・リ […]

工業ガス大手の仏エア・リキードは17日、米同業エアガスを103億ドルで買収することで合意したと発表した。これによって世界最大の市場である米国での事業基盤を大きく強化し、売上高で世界最大の工業ガスメーカーとなる。

エア・リキードはエアガスの株式を1株当たり143ドルで取得する。前営業日の終値に35%を上乗せした水準だ。31億ドルの債務引き受けを含めた買収額は134億ドルに達する。

エア・リキードは食品、自動車、化学、石油・ガス、航空宇宙など幅広い分野で使われる工業用ガスや医療用ガスを手がける。米国にも大きな基盤を持ち、140カ所に生産拠点がある。一方、エアガスは売上高の98%を米国事業が占める。

エア・リキードはエアガスによって、独リンデによる2012年の米リンケア買収で奪われた世界最大手の座を奪還する。