2015/11/30

西欧

自動車部品の独ヘラー、卸売事業を強化

この記事の要約

自動車照明・電子部品製造大手の独ヘラーは24日、デンマークとポーランドの卸売り子会社を完全買収すると発表した。卸売事業の強化が狙いで、買収する2社を北欧・東欧の卸売事業を統括する傘下のノルディック・フォーラムズに統合する […]

自動車照明・電子部品製造大手の独ヘラーは24日、デンマークとポーランドの卸売り子会社を完全買収すると発表した。卸売事業の強化が狙いで、買収する2社を北欧・東欧の卸売事業を統括する傘下のノルディック・フォーラムズに統合する。

ヘラーはデンマークの自動車部品卸売市場最大手FTZの株式21%と、同ポーランド2位のインターチームの株式50%を取得し、出資比率をともに100%に引き上げる。両社は自動車修理業者向けに交換部品を供給するほか、研修も実施している。直近の売上高はFTZが2億7,200万ユーロ、インターチームが1億4,300万ユーロだった。

ノルディック・フォーラムズは2009年の設立で、従業員数は約2,500人。売上高は約5億ユーロに上る。