2019/5/13

EU情報

ユーロ圏の19年予想成長率は1.2%、欧州委が下方修正

この記事の要約

欧州委員会は7日に発表した春季経済予測で、ユーロ圏の2019年の域内総生産(GDP)実質伸び率を1.2%とし、前回予測(2月)の1.3%から0.1ポイント下方修正した。米中貿易摩擦の激化などを懸念したもので、20年につい […]

欧州委員会は7日に発表した春季経済予測で、ユーロ圏の2019年の域内総生産(GDP)実質伸び率を1.2%とし、前回予測(2月)の1.3%から0.1ポイント下方修正した。米中貿易摩擦の激化などを懸念したもので、20年についても1.6%から1.5%へと引き下げた。(表参照)

ユーロ圏の2019年1~3月期の域内総生産(GDP、速報値)は前期比0.4%増となり、伸び率は前期の0.2%を0.2ポイント上回った。しかし、欧州委は米中貿易摩擦の激化や中国など新興国の景気減速、英国のEU離脱をめぐる混迷などが欧州経済のリスクになると指摘。19年の予想成長率を引き下げ、18年の1.9%を大きく下回る水準に設定した。

EU28カ国の予想成長率は19年が1.4%、20年が1.6%で、それぞれ0.1ポイントの幅で下方修正した。主要国はドイツが0.5%、フランスが1.3%、イタリアが0.1%、スペインが2.1%、英国が1.3%。ドイツについては自動車産業の不振などから、前回から0.6ポイント引き下げた。

ユーロ圏のインフレ率は19年、20年とも1.4%で、欧州中央銀行(ECB)の目標値である2%を割り込む状況が続く。また、財政赤字はユーロ圏全体でGDP比0.9%の赤字になると予想している。イタリアの赤字幅は19年がGDP比2.5%と、EUと合意した水準を超える。20年にはEUの財政規律で上限となっている3%を上回る3.5%に膨らむ見込みで、EUが再び規律違反で制裁手続きに着手する可能性がある。

一方、雇用は緩やかな景気回復に伴い、改善が進んでおり、ユーロ圏の19年の失業率は前年を0.5ポイント下回る7.7%まで縮小する見込み。20年には7.3%まで低下すると予想している。