2014/8/25

西欧

シーメンス、英で風力発電タービンを受注

この記事の要約

電機大手の独シーメンスは21日、英ダジョンの洋上風力発電施設にタービン67基を納入することで、同施設の運営事業者と合意したと発表した。取引金額は5年間のサービスを含めて約5億ポンド(6億5,000万ユーロ)。2017年初 […]

電機大手の独シーメンスは21日、英ダジョンの洋上風力発電施設にタービン67基を納入することで、同施設の運営事業者と合意したと発表した。取引金額は5年間のサービスを含めて約5億ポンド(6億5,000万ユーロ)。2017年初頭の着工を予定する。

ダジョンの風力発電施設は、イングランド東部クロマー市の沖合32キロの海域に開設される。出資者はノルウェーの国営エネルギー事業者スタトイルとスタットクラフトで、スタトイルは70%を出資し、運営を引き受ける。

シーメンスが納入するタービンはローター直径が154メートル、発電容量は6メガワット(MW)。同発電施設全体の発電容量は402MWで、計41万以上の世帯に電力を供給する。