2011/6/29

チェコ・スロバキア

スロバキア経済、成長加速

この記事の要約

スロバキア中央銀行は15日に開いた記者会見で、2011年の経済成長見通しを3月に発表した3.3%から3.6%に引き上げると発表した。昨年第4四半期に続き、第1四半期も前年同期比3.5%増(速報ベース)と予想以上に堅調だっ […]

スロバキア中央銀行は15日に開いた記者会見で、2011年の経済成長見通しを3月に発表した3.3%から3.6%に引き上げると発表した。昨年第4四半期に続き、第1四半期も前年同期比3.5%増(速報ベース)と予想以上に堅調だったことが、予測見直しの背景にある。また、12年を4.5%から4.7%に、13年も5.2%から5.3%に上方修正した。

\

欧州連合(EU)加盟国の中でも金融危機からの回復が早かったスロバキアは、経済成長のけん引力として自動車を中心とした輸出産業に期待している。西欧諸国に比べ賃金が低く、法人税率が低い(一律19%)など外国企業の投資環境が良好だが、今秋からは柔軟な稼働体制を可能にする労働時間管理口座が導入され、製造拠点としての魅力が更に高まることが予想される。

\

中銀は今年の予測インフレ率も3.8%から4.1%に引き上げたが、12年3.3%、13年2.5%と鎮静化すると見ている。最大の課題は財政再建で、政府は社会保障費削減と増税により、現在、国内総生産(GDP)比8%近くに悪化している財政赤字を13年までに3%以下に抑える方針だ。

\