2011/9/7

総合・マクロ

中東欧でネットショッピング人気上昇

この記事の要約

中東欧でオンラインショッピングの人気が高まっている。ポーランドの調査会社Gemiusがこのほど発表した中東欧のオンラインショッピングに関する調査報告によると、利用したことがあると回答した割合が最も高かったのはチェコで81 […]

中東欧でオンラインショッピングの人気が高まっている。ポーランドの調査会社Gemiusがこのほど発表した中東欧のオンラインショッピングに関する調査報告によると、利用したことがあると回答した割合が最も高かったのはチェコで81%を占めた。スロバキアが76%、リトアニアが71%で続いた。

\

オンラインショッピングの人気拡大には、店頭販売よりも一般的に価格が安いことが追い風となっている。Gemiusは今後、中東欧市場に大きな成長が期待できるとする。ただ、電子商取引を安全でないと見る回答者も全体の41%に上り、オンラインショッピングに慎重な消費者も依然として多いのが実情だ。

\

独日刊紙『NfA』によると、ポーランドのクビアトコフスキー法務相は、欧州のオンラインショップ事業者が中東欧諸国の顧客との取引に消極的なことを問題視。同地域の法整備に対する不信感によるものと見られることから、ポーランドの欧州連合(EU)議長国就任期間中に、電子商取引の統一規定導入に力を入れる考えを示している。

\