2011/9/7

ハンガリー

4-6月期の国内投資は6.5%減

この記事の要約

ハンガリー中央統計局(KSH)が8月31日発表した2011年4-6月期の国内投資額は前年同期比6.5%減の9,346億2,000万フォリントとなり、14四半期連続でマイナスを記録した。設備投資は4.5%増の4,103億6 […]

ハンガリー中央統計局(KSH)が8月31日発表した2011年4-6月期の国内投資額は前年同期比6.5%減の9,346億2,000万フォリントとなり、14四半期連続でマイナスを記録した。設備投資は4.5%増の4,103億6,900万フォリントに拡大したものの、建設投資が13.7%減の5,104億6,500万フォリントとなり、足を引っ張った。

\

業種別で見ると、全19業種のうち15業種で投資額が前年を下回った。減少幅が大きかったのは情報通信(32.3%減)、運輸・倉庫(27.0%減)、宿泊・飲食(20.4%)、不動産(17.9%減)など。プラスとなったのは、医療・福祉(75.2%増)、製造(21.6%増)、科学技術(19.6%増)、芸術・娯楽(25.9%増)の4業種だった。

\