FBC

ログイン Menu

牛の不法入国~ブルガリア

2018年6月13日発行 No.1068号

セルビア国境に近いブルガリアのコピロフツィ村で農家を営むハララムピエフさんはある日、放牧していた場所から妊娠中の乳牛「ピンカ」が姿を消していることに気付いた。心配したが、一週間後にセルビアの警察...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
▲このページのトップへ