欧州経済の中心地ドイツに特化した
最新の経済・産業ニュース・企業情報をお届け!

2010/4/28

総合 - ドイツ経済ニュース

フィンランドが原発2基新設へ

この記事の要約

フィンランド政府は21日の閣議で原子力発電所2基の新設計画を了承した。ロシアへのエネルギー依存度を弱めるほか、旧式の石炭発電所を停止して二酸化炭素(CO2)の排出削減も進める意向だ。建設計画は今後、議会の承認を経て成立す […]

フィンランド政府は21日の閣議で原子力発電所2基の新設計画を了承した。ロシアへのエネルギー依存度を弱めるほか、旧式の石炭発電所を停止して二酸化炭素(CO2)の排出削減も進める意向だ。建設計画は今後、議会の承認を経て成立する見通し。

\

フィンランドには現在、稼働中の原発が4基、建設中のものが1基ある。政府はさらに2基を新設することで、原発の発電能力を2,700メガワットから倍増させる意向だ。新原発2基の稼働開始は2020年を予定している。

\

新原発の建設を請け負うのは地元TVOとFennovoimaの2社。Fennovoimaには独エネルギー大手エーオンが34%出資している。TVOは新原発を同国南部のオルキルオト、Fennovoimaは北部のラップランド地方にそれぞれ設置する。

\