欧州経済の中心地ドイツに特化した
最新の経済・産業ニュース・企業情報をお届け!

2010/4/28

経済産業情報

エンジニア不足、09年は30億ユーロの損失に

この記事の要約

ドイツのエンジニア不足が深刻だ。ドイツ技術者協会(VDI)と財界系シンクタンク、ドイツ経済研究所(IW)の調査によると、景気後退で求人が大幅に減少した昨年でもエンジニアの不足数は3万4,000人に上り、経済損失は約30億 […]

ドイツのエンジニア不足が深刻だ。ドイツ技術者協会(VDI)と財界系シンクタンク、ドイツ経済研究所(IW)の調査によると、景気後退で求人が大幅に減少した昨年でもエンジニアの不足数は3万4,000人に上り、経済損失は約30億ユーロに達した。景気が上向いた今年第1四半期は不足数が5万5,000人に拡大。エンジニアは失業率が2.4%と低いうえ、今後は高齢化も進むため、不足数はさらに拡大すると予想される。

\

ドイツでは大卒者の4人に1人(約150万人)がエンジニアの資格を持つものの、実際にエンジニアとして働いている人はそのうちの半数にすぎない。また、エンジニアの平均年齢は50歳と高く、数年前から退職者が新入社員を上回る傾向が続いている。

\

エンジニアの給料は大卒者の平均より25%多いため、収入がエンジニア不足の理由にはならない。VDIは義務教育で技術系の授業を体系的に行っていないことに一因があると判断、将来のエンジニア育成に向けて子供(4歳以上)向けのインターネットサイトを立ち上げた。ネット上で遊びながら技術を学べる仕組みになっており、すでに2,000人が会員登録したという。また、エンジニア全体に占める女性の割合は16%と依然として低いため、女性エンジニアを増やすことで状況を改善できると期待している。

\

ドイツ製造業の大卒就労者に占めるエンジニアの割合は57%。電気電子、機械、自動車業界では75%に達しており、エンジニア不足がこれ以上深刻化すると、製造業の競争力やイノベーション力の低下につながりかねない。

\