欧州経済の中心地ドイツに特化した
最新の経済・産業ニュース・企業情報をお届け!

2015/9/2

企業情報

ハパックロイド―事業統合のシナジー予測を引き上げ―

この記事の要約

海運大手の独ハパックロイド(ハンブルク)は8月26日の決算発表で、チリ同業CSAVのコンテナ事業統合に伴うシナジー効果を当初予測の年3億ドルから4億ドルに引き上げた。統合は予想していたよりも順調に進んでおり、同シナジー効 […]

海運大手の独ハパックロイド(ハンブルク)は8月26日の決算発表で、チリ同業CSAVのコンテナ事業統合に伴うシナジー効果を当初予測の年3億ドルから4億ドルに引き上げた。統合は予想していたよりも順調に進んでおり、同シナジー効果がフルに発揮される時期についても当初予想よりも2年早い「2017年まで」になるとの見方を示した。同社はこれとは別にコストを2億ドル圧縮する計画のため、17年までのコスト削減規模は年6億ドルに達する計算だ。

15年4-6月期(第2四半期)の営業利益(EBIT)は9,340万ユーロの黒字となり前年同期の赤字(2,090万ユーロ)から大幅に改善した。利益計上は2四半期連続。CSAVとの事業統合と為替の効果が大きく、純損益も5,420万ユーロの赤字から2,900万ユーロの黒字へと転換した。売上高は23億6,670万ユーロで、前年同期を42.6%上回った。