VW

2018/01/10発行 No.1169号

記事分類:企業情報短信

自動車大手の独フォルクスワーゲン(VW)は8日、米ラスベガスの家電見本市CES会場で、米半導体大手エヌビディアのドライバーアシスト・プラットフォーム「ドライブⅨ」を採用すると発表した。同プラットフォームには顔認識による車両ロック解除や視線追跡、ジェスチャー認識など利便性や安全性を高める機能が備わっている。

この記事の週(2018/01/10)のヘッドラインへ戻る

この記事の週(2018/01/10)の記事一覧

その他ニューズレターの最新号を読む