FBC

ログイン Menu

機械業界受注、1月は14%増加

2018年3月7日発行 No.1177号

ドイツ機械工業連盟(VDMA)が5日発表した独業界の1月の新規受注高は前年同月比で実質14%増加し、上げ幅は前月(同7%)の2倍に拡大した。国内と国外がともに14%拡大。国外ではユーロ圏が24%の伸びを記録した。ユーロ圏外は10%増だった。

特殊要因による統計上のブレが小さい3カ月単位の比較でみると、11~1月は前年同期比で実質12%拡大した。国内が15%増と全体をけん引。ユーロ圏外とユーロ圏もそれぞれ11%、9%増加した。

▲このページのトップへ