2015/11/9

西欧

シャイアー、米ダイアックスを買収

この記事の要約

アイルランド製薬大手のシャイアーは2日、米同業のダイアックスを59億ドルで買収することで合意したと発表した。ダイアックスは希少病の医薬品に特化した製薬会社。同じく希少病薬を中核とするシャイアーは、買収によって同分野での基 […]

アイルランド製薬大手のシャイアーは2日、米同業のダイアックスを59億ドルで買収することで合意したと発表した。ダイアックスは希少病の医薬品に特化した製薬会社。同じく希少病薬を中核とするシャイアーは、買収によって同分野での基盤を一段と強化する。

1株当たりの買い取り価格は、前営業日(10月30日)の終値に35.5%を上乗せした37.3ドル。このほかシャイアーは、ダイアックスの新薬開発の進展状況に応じて1株当たり4ドルを追加で支払うため、買収額は最大6億4,600万ドルに膨らむ可能性がある。

ダイアックスは「遺伝性血管性浮腫(HEA)」と呼ばれる希少病の治療薬を手がけるバイオ医薬品会社。シャイアーもHEA治療薬を販売しており、相乗効果が見込める。

シャイアーは高価格で収益力が大きい希少病医薬品部門の強化に力を入れており、同分野に強みを持つ米NPSファーマシューティカルズを52億ドルで買収することで1月に合意。8月には血友病など希少病の医薬品に特化した米バクスアルタに約300億ドルでの買収を提案したが、バクスアルタは拒否している。シャイアーは同日、バクスアルタへの提案を撤回せず、買収を目指す意向を表明した。