2015/11/9

西欧

アストラゼネカ、米ZSファーマを買収

この記事の要約

英製薬大手アストラゼネカは6日、米同業ZSファーマを買収することで合意したと発表した。買収額は27億ドル。多くの新薬の特許が切れ、ジェネリック薬(後発医薬品)に攻勢にさらされる中、ZSファーマの高カリウム血症治療薬を取り […]

英製薬大手アストラゼネカは6日、米同業ZSファーマを買収することで合意したと発表した。買収額は27億ドル。多くの新薬の特許が切れ、ジェネリック薬(後発医薬品)に攻勢にさらされる中、ZSファーマの高カリウム血症治療薬を取り込むことで収益拡大を図る。

高カリウム血症は、血液中のカリウム濃度のバランスが崩れることで、腎臓病や心不全を引き起こす病気。ZSファーマは同疾患の治療薬に特化したバイオ医薬品会社で、新薬「ZS-9」が米食品医薬品局(FDA)の認可を待っている。

心血管、代謝性疾患の治療薬を戦略上の重要部門に位置づけるアストラゼネカは、同分野を補完するためZSファーマの買収に乗り出し、9月から協議を行っていた。