欧州経済の中心地ドイツに特化した
最新の経済・産業ニュース・企業情報をお届け!

2012/1/4

総合 - ドイツ経済ニュース

新規雇用数が人員削減の約3倍に

この記事の要約

ドイツの労働市場が好調だ。日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ』の調べによると、ドイツで2011年に予告された新規採用(100人以上が対象)の規模は合わせて約9万人に達し、人員削減予告の同3万5,000人を大きく上回っ […]

ドイツの労働市場が好調だ。日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ』の調べによると、ドイツで2011年に予告された新規採用(100人以上が対象)の規模は合わせて約9万人に達し、人員削減予告の同3万5,000人を大きく上回った。景気回復と今後予想される人材不足を踏まえ、企業は意欲的に採用を拡大している。

\

新規採用の規模が最も大きいのはこれまで同様、人材派遣で、1位と2位を占めた。また、自動車産業も世界的な需要の拡大を受けて採用を拡大。トップ10にはフォルクスワーゲン(3位)、ZFフリードリヒスハーフェン(4位)、ダイムラー(6位)、アウディ(8位)の4社が入った。このほか、監査法人もアーンスト・アンド・ヤングが17位(1,600人)、デロイトとKPMGがそれぞれ22位(1,000人)、プライスウォーターハウスクーパースが30位(800人)と上位につけている。

\

一方、人員削減規模が大きい業界はエネルギーと金融だ。エネルーは原発廃止前倒し政策の直撃を受けた格好。金融はリーマンショックの痛手と欧州財政危機が響いている。

\