欧州経済の中心地ドイツに特化した
最新の経済・産業ニュース・企業情報をお届け!

2015/9/9

経済産業情報

ベビーカーがステイタスシンボルに

この記事の要約

ドイツの子育て世代の間でベビーカーがステイタスシンボルになっているもようだ。独玩具小売業全国連盟(BVS)が3日明らかにしたもので、チャイルドシートや子供椅子と異なり人目に直接触れる機会が多いことから、デザインの優れた製 […]

ドイツの子育て世代の間でベビーカーがステイタスシンボルになっているもようだ。独玩具小売業全国連盟(BVS)が3日明らかにしたもので、チャイルドシートや子供椅子と異なり人目に直接触れる機会が多いことから、デザインの優れた製品の人気が高まっているという。

売れ筋は500~1,000ユーロの高価格帯で、多機能を備えた製品という。昨年の販売台数は前年比0.6%増の約65万台だった。ブランドではトイトニア、ハウク、ハルタン、ブリタックス・レーマーなどの販売台数が多い。