トルコとカタール、石化プラント設置で合弁

トルコの投資会社メトカプ・エネルギーインベストメンツ(MetCap)とカタールのフュージョンダ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/04/18

カザフで第4石油精製所を新設、燃料自給体制を構築

カザフスタンの共同企業体アビラクハン(Abylajkhan)はシンガポールの新興ゼネコンR W...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/04/18

ガスプロム、スロベニアと中期供給契約を締結

ロシア国営ガス会社のガスプロムは13日、スロベニア同業のゲオプリン(Geoplin)と中期供給...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/04/18

スロベニアのペトロル、地元エネルギー技術会社を買収

スロベニアの石油元売り大手ペトロルが同国のエネルギーソリューション開発会社メガエネルギアを買収...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/04/18

ポーランド石炭発電所建設、GEパワーとアルストムが落札

ポーランド国営電力のエネルガとエネアは4日、石炭火力発電所の建設工事の発注先を米ゼネラルエレク...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/04/11

露ノバテク、印にLNGを初出荷

ロシア第2位のガス会社ノバテクは3月27日、同社が開発を進めている北極圏ヤマル半島の液化天然ガ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/04/11

ロスネフチ、10-12月期は増益確保

ロシア石油最大手の国営ロスネフチが19日発表した2017年10-12月期(第4四半期)決算の純...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/28

トルコ強化樹脂メーカー、ハンガリーの風力発電部品工場を拡張

トルコの強化樹脂メーカー、メティックス(Metyx)は先ごろ、ハンガリー南西部のカポシュヴァー...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/21

GEリニューアブルエナジー、トルコ社と提携

米ゼネラル・エレクトリック(GM)の再生可能エネルギー部門GEリニューアブルエナジーは12日、...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/21

リトアニア複合企業、クロアチアとチェコの風力発電所を取得

リトアニアの複合企業アヘモスグループ(Achemos Grupe)は13日、子会社のレネルガ(...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/21

露石化最大手シブール、中国国境付近に石化コンビナートを新設

ロシアの石油化学最大手シブールが中国との提携を強化する。中国への輸出拡大に向けて、黒竜江省との...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/21

JICA、西澤のタジク変電所設置を支援

タジキスタン電力公社(Barki Tojik)はこのほど、日本の西澤(本社:大阪)にドゥシャンベ変電所の整備プロジェクトを委託した。現地メディアの報道によると、西澤は今後2年以内に、ドゥシャンベ北東地域のラディオスタンツィヤで変電所を建設するとともに、同市西部にあるプロミシレンナヤ変電所を全面改修する。総工費は19億7,000万円。

同プロジェクトは国際協力機構(JICA)の無償資金協力の枠組みで実施される。JICAは昨年夏にも、ドゥシャンベの電力供給安定化プロジェクトに21億9,000万円を拠出している。

2018/03/14

二国間対立で時計に遅れ~欧州

最近、電気オーブンや目覚ましラジオ、暖房設備についている時計が遅れているのに気づいた方はないだ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/14

中国華信能源、ロスネフチ株買収取引に遅れ

中国の民間資源・投資会社、中国華信能源(CEFC)がスイスの資源商社グレンコア及びカタール投資...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/14

トルコとアルジェリア、石油化学事業で合弁

トルコのエルドアン大統領は2月27日、訪問先のアルジェリアで、同国の石油公社ソナトラックと、ト...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/07

ガスプロム、ウクライナとの天然ガス供給契約解消へ

天然ガスをめぐるウクライナとロシアの対立が先鋭化している。ロシア経済省は3日、国営天然ガス最大...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/07

エクソンとロスネフチが合弁解消、資源開発事業の開始見通し立たず

石油大手の米エクソンモービルが、ロシア同業の国営ロスネフチとの合弁事業を解消する。欧米による対ロ経済制裁の影響で事業開始の見通しが立たないことが理由で、西シベリアのシェール油田、黒海の深海域および北極海大陸棚における資源開発事業から撤退する。

エクソンは2月28日に米証券取引委員会に提出した年次報告書で、同方針を明らかにした。合弁解消に伴う損失は税引き後利益で約2億米ドルに達する見込みだ。

両社は2011年、広範な資源開発に向けた提携で合意し、13年から14年にかけて複数の合弁会社を設立。総投資額は5,000億ドルに達すると目されていた。しかし、14年のロシアによるウクライナ侵攻を機に発動した制裁対象にロスネフチも含まれていたことから、合弁事業の多くが中断されていた。

エクソンによると、合弁解消は米国の対ロ制裁が強化される中、昨年末に決定された。同社はロスネフチに対し、2020~23年までに複数の資源探査を実施することで合意しており、現状では期限までの履行は不可能と判断したとみられる。エクソンが30%を出資するサハリン島北部大陸棚の石油ガス開発事業「サハリン1」は継続する。

ロスネフチは国営タス通信に対し、今回の動きを「予想していた」とコメント。合弁解消となった全ての事業を今後は単独で実施する考えを表明した。

2018/03/07

ポーランド石油最大手PKNオルレン、2位ロトスを買収

ポーランド石油最大手PKNオルレンは2月27日、同業2位の国営グルパ・ロトスを買収することで同...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/07

ハンガリー石油大手MOL、17年は18%増益

ハンガリーの石油・ガス最大手MOLが20日発表した2017年決算は、純利益が11億1,000万...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/28

チェコ国営電力CEZ、ブルガリアから撤退

チェコ電力最大手で国営のCEZは22日、監査役会の承認を受け、ブルガリア投資会社イネルコム・イ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/28

シーメンス・ガメサ、ボスニアで風力発電プロジェクト受注

独電機大手シーメンスの風力発電タービン子会社シーメンス・ガメサは21日、ボスニア・ヘルツェゴビ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/28

アゼルバイジャン国営石油、トルコ製油所を7-9月期に開所

アゼルバイジャン国営石油企業のソカール(SOCAR)は22日、トルコに建設中の石油製油施設が今...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/28

風力発電大手ヴェスタス、ロシアにブレード工場建設

デンマークの風力発電機大手ヴェスタスがロシア南西部のウリヤノフスク州にローターブレードの工場を...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/28

オーストリアがEUを提訴、ハンガリーの原発拡張めぐり

オーストリア政府は22日、ハンガリーの原子力発電所拡張をEUの欧州委員会が承認したのは不当とし...

この記事はEUウオッチャーオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/26

ポーランド、バルト海に独自のパイプライン建設

ロシアとドイツを結ぶバルト海天然ガスパイプラインの増設計画「ノルド・ストリーム2」に強く反対するポーランドが、同じバルト海に独自のパイプライン「バルチック・パイプ」を敷設する計画を推進している。資源面に限らずロシアとの距離を広げるとともに、東欧・バルト圏での主導的地位を築きたい政府の思惑が背景にあるもようだ。

ポーランドの政権与党で愛国主義的な色彩の強い「法と正義」は2015年、採算性を理由にストップしていた「バルチック・パイプ」計画の再開を決めた。液化天然ガス(LNG)港のあるシフィノウイシチェを起点に、デンマークを経由してノルウェーの送ガス網に接続するもので、年間輸送能力は100億立法メートル(現在稼働している「ノルド・ストリーム1」の5分の1)。2022年の稼働予定で、総工費は20億ドルと見込まれている。

国営送ガス網運営会社ガスシステムズは建設許可を申請済みで、年内に決定が下される見通しだ。また、国営天然ガス・石油会社PGNiGはすでに新パイプラインの利用(期間:15年)を予約したという。

欧州連合(EU)も、欧州エネルギー・インフラ政策の一環として同パイプライン計画に3,300万ユーロを助成することを決定している。ロシアへの強いエネルギー依存からポーランドを解放する狙い。同じ観点から、EUはシフィノウイシチェLNG基地の建設でも3億ユーロ超を支援した。

ただ、新パイプラインがなくても、ポーランドは他の欧州諸国からガスを輸入できる。特に、リトアニアで2014年に稼働したLNG基地からは、非ロシア産のガスを確実に調達可能だ。同基地がフル稼働に至っていないことをみても、既存インフラを通じてロシア以外からの調達量を増やす余地はある。

それでもポーランド政府が新パイプラインにこだわる理由について、ドイツ国際安全保障研究所(SWP)のキルステン・ヴェストファール研究員は、「ロシアとの距離を置き、同時に東欧・バルト圏で主導権を握るという政治的思惑がある」と分析する。同時に、自国企業の主導による国内ガス市場を形成し、東欧の主要ガス取引国としての地位を築く狙いがあるとみる。LNG港建設が計画されるクロアチアのクルク島とスフィノウイシチェを、欧州を縦断するガスパイプラインでつなぐ計画も含め、これらのインフラプロジェクトはそもそも、ロシア産ガスより安価に資源を調達するという経済的な観点ではなく、ロシア資源への依存からの脱却という政治的目標から出てきたものだ。

しかし、ポーランドの政策については、「EUからの支援を受けながら、あからさまに自国利益を追及している」と、「ノルド・ストリーム2」に参加するドイツ企業などから批判の声もあがる。ポーランドが強硬に反対していることで、計画が足踏み状態になっていることも反感が強まる原因となっている。

BASFの石油・天然ガス子会社ヴィンタースハルのある幹部は「ポーランドは(欧州環境政策にブレーキをかける形で)電源として国産石炭を燃やし続けている。そもそも、天然ガスはポーランドのエネルギー需要において、ほとんど意味はない。それなのに、他のEU加盟国によるロシアからの調達を阻害するのは、スフィノウイシチェで受け入れた米国などのLNGを欧州で販売して稼ぎたいという計算がある」と強く批判している。

2018/02/21

ロシア国家ファンド、サウジアラムコのIPO参加に意欲

ロシア政府系のロシア直接投資基金(RDIF)が、サウジアラビア国営石油会社のサウジアラムコが実...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/21

独電力大手イノジー、クロアチアの天然ガス供給会社を買収

独電力大手RWEの再生可能エネルギー子会社であるイノジーは15日、クロアチアで天然ガス供給公社...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/21

露鋼管最大手TMK、米国子会社のIPOを取りやめ

ロシア鋼管最大手TMKの米国子会社ISCOチューブラーは8日、ニューヨーク(NY)証券取引所に...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/14

チェコ、代替燃料スタンド網拡大へ

チェコ政府が自動車の代替燃料ステーションの増設に総額12億コルナ(4,700万ユーロ)を投じる...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/14

セルビア‐ブルガリア間ガスパイプライン、セルビア側着工へ

セルビアのブルナビッチ首相は1月29日、同国とブルガリアを結ぶ天然ガスパイプライン「セルビアン...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/07

ルーマニア国営電力供給会社、送電網整備などに9億レウ

ルーマニアの国営電力供給会社エレクトリカは今年、前年を24%上回る9億レウ(1億9,400万ユ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/07

ロシア鋼管最大手TMK、米国子会社を上場

ロシア鋼管最大手TMKの米国子会社IPSCOチューブラーは29日、ニューヨーク(NY)証券取引...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/31

カザフ、アスタナ近郊に100MWの風力発電プラント建設

カザフスタン開発銀行(DBK)23日、首都アスタナの近郊に100メガワット(MW)規模の風力発...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/31

カザフスタン国営石油、3製油所を民営化

カザフスタン国営石油会社カズムナイガス(KMG)が、新規株式公開(IPO)に先立ち、国内3カ所...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/31

アゼルバイジャン国営ソカール、ブルガリアへのガス供給に協力

アゼルバイジャンのアリエフ大統領は先ごろ、ブルガリアでの天然ガスの利用拡大に対し国営石油会社ソ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/24

エストニアのリサイクル会社、バイオメタンプラントの設置を計画

エストニアのリサイクル会社パイクレ(Paikre)が、バルト海沿いの都市パルヌにバイオメタンプラントを建設する計画だ。クリスト・ロスマン社長がこのほど明らかにしたもので、国内でバイオメタンを生産する態勢を整備する計画の一環となる。資金調達などが順調にいけば2019年にも完成する予定。生産したバイオメタンは既存のガス網に供給するほか、バイオ燃料としての利用も視野に入れる。

パルヌ群に本拠を置く同社は、農業分野に特化したプラスチック廃棄物のリサイクル事業や建設廃棄物の処理事業を手がけている。

2018/01/24

カザフスタンで第4製油所建設へ、燃料自給を強化

カザフスタンが石油精製能力を強化する。ボズンバエフ・エネルギー相は10日、現地テレビ『カバール...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/17

ガスプロム、昨年の欧州向け供給量8.1%増加

ロシア国営ガス会社のガスプロムは3日、2017年の欧州向けガス供給量が前年比8.1%増の1,9...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/10

三菱日立パワー、ポーランドのガス火力発電設備が稼働

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)はこのほど、ポーランドのコジェニッチェ火力発電所の11号機...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/10

ルーマニアOMV、ガス処理プラントが2カ所完成

オーストリア石油大手OMVのルーマニア子会社であるOMVペトロムはこのほど、東部ブルチオアイア...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/10

独エネルギー大手2社がハンガリー発電会社から撤退

独エネルギー大手のRWEとEnBWは14日の共同プレスリリースで、ハンガリーの火力発電会社マト...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/20

石油大手のハンガリーMOL、カーシェアリング事業をスタート

中欧石油大手のハンガリーMOLが来年、ブダペストでカーシェアリング事業「MOL-Limo」を立...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/20

ポーランド原発計画、国民の過半数が賛成

ポーランドが計画する同国初の原発建設プロジェクトについて、国民の半分以上が賛成していることが同...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/20

ロスネフチ、20年までに10%増産

ロシア石油最大手の国営ロスネフチは18日、新5カ年計画を発表し、2020年までに年産量を3,0...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/20

カザフ原子力公社、ウランを追加減産

天然ウラン大手のカザフスタン原子力公社(Kazatomprom、カズアトムプロム)がウランの追加減産に踏み切る。需要減による供給過剰が続いているためで、今年10%減産に続き、向こう3年間の生産も縮小する。

4日の発表によると、カズアトムプロムは来月から2020年末までの3年間、ウラン生産量を20%縮小する。減産規模は3年間で1万1,000トン。18年は4,000トンを予定する。これは、世界需要の約7.5%に相当する。

既存契約については取り決めの全量を供給する。

2017/12/13

ロシア天然ガス2位のノヴァテク、北極圏でLNG生産を開始

ロシア第2位の天然ガス会社ノヴァテクは8日、北部のヤマル半島で液化天然ガス(LNG)の生産を開始し、サベッタ港から初出荷した。年産能力は550万トン。2019年までに1,650万トンへ3倍化する。北極圏でLNGターミナルが稼働したのはこれが世界で初めて。

ノヴァテクは「ヤマルLNG」プロジェクトで合計3本の生産ライン設置を計画しており、今回、最初のラインが稼働した。北東航路を経由し、アジア方面へ出荷する。

また、オビ湾を挟んでヤマル半島の東に位置するギダン半島では「アークティックLNG 2」プロジェクトを進めている。2023年に生産ラインが始動し、フル稼働時には年1,800万トンのLNGを出荷する予定だ。

ロシアは資源大国として世界市場で重要な位置を占めるが、LNGに関しては出遅れている。天然ガス最大手のガスプロムのLNG設備はサハリンのみで、年1,080万トンの生産にとどまる。

ノヴァテクが進めるプロジェクトがフル稼働する7~8年後でもロシアの生産能力は合計4,500万トンと、最大のLNG輸出国であるカタール(現行7,700万トン、5~7年以内に1億トン)に遠く及ばない。それでも世界市場で無視できない地位を確保するには足りそうだ。

2017/12/13

ロスアトム、エジプト初の原発建設を受注

ロシア原子力公社(ロスアトム)は11日、エジプトの電力・再生可能エネルギー省から同国初の原子力...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/13

石油最大手PKNオルレン、リトアニアの精製施設に投資

ポーランド石油最大手のPKNオルレンは先ごろ、重油の生産量を減らしディーゼル及びガソリンの生産...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/13

露ガスプロム、国内最大のアクリル酸工場を稼働

ロシア国営ガス会社のガスプロムは1日、同国バシコルトスタン共和国のサラバートでアクリル酸とアク...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/13

チェコ電力大手のCEZ、エネルギーサービス部門を強化

チェコ電力最大手のCEZがエネルギーサービス部門CEZ ESCOを強化している。照明器具製造の...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/12/06