シェル、ブルガリアでEV充電網整備へ

石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル(英・オランダ資本)のブルガリア法人であるシェル・ブルガリアは...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/15

スロバキアとハンガリー、パイプライン敷設で合意

スロバキアとハンガリーは10月30日、スロバキアからブルガリアにまたがる天然ガスパイプラインを敷設する「イーストリング・ガスパイプライン」プロジェクトの実施で基本合意した。

イーストリング・ガスパイプラインは、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリアの既存のガスパイプラインを接続することで、カスピ海及び中東のガス田から天然ガスを輸送することを可能とするもの。スロバキアのジガ経済相によれば、年間輸送能力は最終的に300億立法メートルから400億立法メートルとなる見通しだ。

同パイプラインによって、ウクライナとの国境に近いスロバキアのヴェリケー・カプシャーニーから、ブルガリアとトルコ間に敷設されているマルコクラルパイプラインまでが直接結ばれるようになる。現在2つのルートが検討されており、全長は800キロメートルから1,000キロメートルになる見通し。ヴェリケー・カプシャーニーでロシアとウクライナ及び西欧からのパイプラインに接続する。

同プロジェクトのウェブサイトによると、同パイプラインは天然ガスの所有や販売は行わず、輸送容量すべてを輸送事業者や供給事業者に割り当てる。当初はバルカン諸国やトルコに向けて欧州方面からガスを輸送し、双方向への融通が可能になった段階でルーマニアの黒海沿岸やカスピ海及び中東の天然ガスを欧州に供給する。当初はバルカン諸国の年間輸入量に相当する200億立法メートルを輸送するが、最終的な輸送量は400億立法メートルに達する見通し。

ジガ経済相はスロバキアとハンガリーにとりエネルギー資源と原料の安定的な供給源を持つことは非常に重要だと指摘。ウクライナを経由するルートとは別の経路を確保し、ルートと資源の多様化を図る必要があると述べた。

同プロジェクトにはブルガリアのブルガルトランスガス、ルーマニアのトランスガス、ハンガリーのFGSZが参加する。

2017/11/08

ロシアがイランとの関係強化、石油・ガス開発に300億ドル

ロシアのプーチン大統領は1日、訪問先のイランで同国のロウハニ大統領と会談し、エネルギー分野を中...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/08

チェコCEZ、ブルガリアのヴァルナ火力発電所を売却

チェコ国営電力CEZは10月31日、ブルガリアのヴァルナ火力発電所を現地企業シグマに売却すると...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/08

上海電気、セルビアのガス火力発電所建設を受注

セルビアの石油最大手NISは1日、首都ベオグラード近郊のパンチェヴォにガス火力発電所を建設する...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/08

商船三井、ヤマルLNGプロジェクトのLNG船をCOSCOと共有

商船三井(MOL)は2日、ロシア・ヤマル液化天然ガス(LNG)プロジェクトに参加する100%出...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/08

ロスネフチ、クロアチア同業INAに食指

ロシア石油最大手の国営ロスネフチが、ハンガリー同業MOLの持つクロアチアINA株に食指を動かしている。クロアチア政府がINAの経営をめぐってMOLと対立を深めているのを受けたもので、セチン社長は「クロアチア政府が新たな戦略投資家を募集すれば株式を取得するかもしれない」と話している。

MOLはINAの株式49.1%、クロアチア政府は同44.8%を保有する。経営権はMOLが握るものの、両者間の溝は深まるばかりで、政府は昨年、MOL株を買い戻す可能性に触れたこともある。

セチン社長は談話の中で、争点の一つであるシサク製油所の今後について「MOLが人員削減するというのにも一理あるが、わが社がINAに資本参加すれば近代化投資を実施し、競争力を強化する」とアピールした。

MOLは2013年にワシントンの投資紛争解決国際センター(ICSID)に調停を申請した。政府が2009年のガス買取協定に違反したため、2億6,300万ユーロの損害を被ったと主張している。調停手続きはまだ終わっていない。

一方でクロアチア政府は2014年、国連国際商取引法委員会(UNCITRAL)に提訴し、INAに対するMOLの財産権を取り消すよう求めたが、16年末に政府の主張を退ける決定が下った。政府はこれを不服としてスイス連邦最高裁判所に決定無効を求めたが、9月27日に却下されている。

2017/11/01

JFEエンジ、リトアニアの廃棄物発電プラント受注

JFEエンジニアリングは10月25日、独子会社のスタンダードケッセル・バウムガルテ(SBG)が...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/01

リトアニアのエネ企業、ポーランドの太陽光プラントに投資

リトアニアの複合企業モドゥス・グループ傘下で、再生可能エネルギー会社のモドゥス・エネルギー(M...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/01

ロスネフチ、北極海向けシャトルタンカー10隻調達

ロシア石油最大手の国営ロスネフチは10月19日、同国の造船会社ズベズダ(Zvezda)と載荷重...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/11/01

ロスネフチがクルド自治区のパイプライン権益取得

ロシア石油最大手の国営ロスネフチは19日、イラク北部のクルド人自治区にある石油パイプラインの経...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/25

石油大手MOL、独ティッセンからポリオール生産ライセンス取得

ハンガリー石油最大手のMOL(ブダペスト)は12日、ポリエーテルポリオール及びポリピレングリコ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/25

露ガスプロムネフチ、セルビア子会社に3億ユーロ投資

露ガスプロムの石油子会社ガスプロムネフチ(サンクト・ペテルブルク)は23日、傘下のセルビア石油...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/25

ガスプロム、今年の投資額を1.3兆ルーブルに引き上げ

ロシア国営ガス会社ガスプロムは18日、今年度の事業投資額が当初の計画を2,173億ルーブル上回...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/25

トルコのエネルギー大手ゾルル、アジア・中東事業を強化

トルコのエネルギー大手ゾルル・エナジー(イスタンブール)は10日、アジア・中東のエネルギー事業...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/18

トルクメニスタン、公益サービスを完全有料化

トルクメニスタンで公益サービスが完全有料化される。政令によると、無料で提供される電力・ガス・水...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/18

中欧石油大手のMOL、本社社屋を建設

中欧石油大手のハンガリーMOLは2日、ブダペストに新しい本社社屋「MOLキャンパス」を建設する...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/11

豪EMH、リチウム採掘でチェコ産業省と基本合意

豪鉱山会社のヨーロピアン・メタルス・ホールディングス(EMH、パース)は2日、チェコ北西部にお...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/11

露ガスプロム、セルビアのガス貯蔵能力を拡張

ロシア国営ガス会社のガスプロムが、セルビア北部のバナツキ・ドゥヴォールにある天然ガス地下貯蔵庫...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/11

伊藤忠と仏スエズ、セルビアで廃棄物処理発電事業を受注

伊藤忠商事は2日、仏エネルギー大手スエズと共同でセルビアの首都ベオグラードの廃棄物処理発電事業...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/11

ロシアとサウジ、30億ドル超の投資契約調印

ロシアのプーチン大統領は5日、同国を訪問中のサウジアラビアのサルマン国王と会談し、軍事・エネルギー分野で協力を拡大することで合意した。サウジ国王がロシアを訪問するのは今回が初めて。同じ原油生産大国という立場で提携を深め、石油化学や油田関連サービスで協力の可能性を探っていきたい意向だ。

サルマン国王の訪露に合わせ、両国企業間で総額30億米ドルの投資契約が結ばれた。具体的には◇10億ドルのエネルギー投資基金を開設◇油・ガス田掘削請負会社のユーラシア・ドリリング・カンパニー(EDC)にサウジが1,500万ドル投資◇ロシア化学大手シブールが11億ドルを投じてサウジに工場新設――などのプロジェクトがある。また、◇国営ロスネフチとサウジ石油公社アラムコの原油取引◇国営ガスプロムとアラムコが天然ガスの研究・技術センターを共同で設置◇ロシア民間ガス大手ノヴァテクが北極圏ヤマル半島で進める2つ目の液化プラント建設プロジェクト「LNG-2」に対する投資受け入れ――についても協議が行われた。

同会談ではロシアの地対空ミサイルシステム「S400」の売却でも合意した。

2017/10/11

独エーオンのハンガリー変電所が稼働

独エネルギー大手のエーオンは先ごろ、ハンガリーのタタバーニャで新変電所の操業を開始した。同地の...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/11

英BP、ハンガリーで新サービスセンター開設

英石油大手BPは9月26日、ハンガリー南部のセゲドに同国で2カ所目となるグローバルビジネスサー...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/10/04

エストニア、バイオガス利用を促進

エストニアがバイオガスの利用を促進するプログラムを導入する。先ごろの政府の発表によると、来年初めから助成制度を開始する予定。バイオガスの利用を促進し、環境保護に貢献する狙いがある。当該プログラムにはCO2排出取引で得られる2,800万ユーロを充てる。国内では、バイオガスは天然ガスと同価格で消費者向けに販売される。助成申請書は11月30日まで受け付ける。

2017/10/04

カザフスタンで充電スタンド整備、年末までに120カ所

カザフスタンが電気自動車(EV)用充電スタンドの整備に乗り出す。パイロットプロジェクトとして年...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/27

OMVペトロム、オフショア開発に7000万ユーロ

オーストリア石油大手OMVのルーマニア子会社であるOMVペトロムは18日、黒海のイストリア鉱区...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/27

中国の大唐国際発電、リトアニアで合弁会社を設立

リトアニアのカウナス熱電併給施設(KTE)が、新施設の建設で中国の電力大手、大唐国際発電(北京...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/27

ルクオイル、国外での開発事業に注力

ロシアの民間石油大手ルクオイル(モスクワ)のアレクペロフ社長は23日、来年からの10カ年計画を...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/27

東芝、トルコへの地熱発電設備納入に向け交渉権獲得

東芝は19日、トルコ電力大手ゾルルエナジー(Zorlu Energy)に対する地熱発電用蒸気タ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/20

中国華信能源、ロスネフチに14.2%出資

中国の民間資源・投資会社、中国華信能源(CEFC)はこのほど、スイスの資源商社グレンコア及びカ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/20

国際帝石がカスピ海油田の権益延長、49年まで25年間

国際石油開発帝石は14日、アゼルバイジャン領カスピ海のアゼリ・チラグ・グナシュリ(ACG)鉱区...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/20

ロスネフチ、イラク・クルド人自治区で天然ガスパイプライン敷設

ロシア石油最大手の国営ロスネフチは18日、イラク北部のクルド人自治区の天然ガスパイプライン敷設...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/20

ポーランド国営電力PGE、ソーラー発電に進出か

ポーランド国営電力会社ポルスカ・グルパ・エネルゲティチュナ(PGE)がソーラー発電市場に進出す...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/13

三菱日立PSと伊藤忠商事、セルビアから排煙脱硫装置を受注

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)と伊藤忠商事は11日、セルビアの二コラ・テスラA石炭火力発...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/13

中国華信能源、ロスネフチに14.2%出資

中国の民間資源・投資会社、中国華信能源(CEFC)がスイスの資源商社グレンコア及びカタール投資...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/13

露ソーラー企業のヘヴェル、現代と提携

ソーラーパネルの製造から発電所の設置・運営までを一貫して手掛けるロシアのヘヴェル・グループ(H...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/13

JOGMECと露石油会社、東シベリアの共同探鉱で合意

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は7日、ロシアの石油会社イルクーツク石油(INK...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/13

NEDO、ロシア極東での風力発電導入事業が前進

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は8日、ロシアのウラジオストクで開催された東方経...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/13

ハンガリーのパクシュ原発、来年1月着工へ

ハンガリー外務貿易省は8月28日、同国のオルバン首相とロシアのプーチン大統領との会談を受け、パ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/09/06

ガスプロム、17年1-6月期は増収減益

ロシア国営ガス会社のガスプロムが8月29日発表した2017年1-6月期決算の純利益は3,813億ルーブル(55億600万ユーロ)となり、前年同期から37.2%減少した。売上高は4.6%増の3兆2,099億ルーブルだった。

主力の天然ガス事業はルーブル高を背景に前年同期比5%の減収となった。欧州・その他の市場では販売量が9%増加したものの、ルーブル建て販売価格が13%下落し、7%の減収となった。国内では販売量が13%拡大し、11%の増収を確保した。(1RUB=1.89JPY)

2017/09/06

ポーランド原発計画、米中が競合

ポーランドが計画する同国初の原発建設プロジェクトで、米国と中国の企業グループが協力に名乗りを上...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/08/30

ハンガリー系エネルギー取引会社MET、ブルガリアに子会社設立

ハンガリー系のエネルギー取引会社METグループ(スイス)は28日、ブルガリアに子会社を設立した...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/08/30

トランスガスとGRTガス、ギリシャ送ガス会社民営化入札で提携

天然ガス輸送事業を手掛けるルーマニアのトランスガスと仏GRTガスが、ギリシャ同業DESFAの民...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/08/23

ロスネフチ、インド製油大手エッサールを買収

ロシア石油最大手の国営ロスネフチは21日、 欧州系大手資源商社トラフィギュラ及び投資会社ユナイテッド・キャピタル・パートナーズ(UCP)と共同で、インド財閥のエッサール・グループから、同国製油大手エッサール・オイル(EOL)を買収したと発表した。成長著しいインド市場に参入するとともに、東南アジアおよびアジア太平洋地域での地歩を固める狙い。取引金額は129億米ドルで、外資による対インド投資額、また、ロシア企業による外国投資額として過去最高を記録した。

今回の取引でロスネフチおよびトラフィギュラ・UCP企業連合は、EOL株のそれぞれ49.13%を取得する。残る1.74%は引き続き個人投資家が保有する。

取引の対象は、インド西部のヴァディーナー製油所及び製油所内発電所、ヴァディーナー港ターミナル設備、インド給油所網(3,500店舗超)だ。ヴァディーナー製油所は処理能力2,000万トンと国内有数の規模を誇り、中南米産の重質油が原料の半分以上を占める。ロスネフチはベネズエラ国営石油公社(PDVSA)と提携を結んでおり、同国産の超重質油を加工できるヴァディーナー製油所獲得は意義が大きい。

2017/08/23

印スズロン、サラエボに風力発電パーク建設

インドの風力発電機大手スズロングループ(Suzlon)がボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボで風力発電パークの建設を計画している。複数メディアが先ごろ報じたもので、発電容量は25.2メガワット。3,050万ユーロを投じて風力発電機12機を設置する。工期は約1年の予定。

同社はサラエボの地元自治体と運営権売却(コンセッション)契約を締結する意向で、その後政府の承認手続に入る。

スズロンは欧州では11カ国で事業を行っている。中東欧ではルーマニア、ブルガリア及びトルコに拠点を持つ。

2017/08/23

ロスネフチ、4-6月期は増収減益

ロシア石油最大手の国営ロスネフチが先ごろ発表した2017年4-6月期の純利益は680億ルーブル...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/08/23

ブルガリアのEV普及、技術面の整備必要=業界団体

ブルガリアで電気自動車(EV)の普及が遅れている。同国の電気自動車協会(BAEPS)は当初、2...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/08/09

ポーランド、再可エネ割当率の引き上げを計画

ポーランド政府は、電力会社に対する再生可能エネルギー(RPS)割当比率を来年から2ポイント引き...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/08/02

中欧石油大手のMOL、米IBMのITサービスを採用

ハンガリーの石油ガス最大手MOLはこのほど、米IBMのIT統合技術サービスを採用すると発表した...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/08/02

リオ・ティント、セルビアでリチウム鉱床開発

英豪系資源大手リオ・ティントは7月24日、セルビア政府と同国西部のロズニツァ近郊でホウ酸リチウ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/08/02