充電インフラ運営 スロバキア

電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)向けの充電インフラを運営するスロバキア最...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/07/19

ポーランドと中国が関係強化へ、原子力分野でも提携

中国がポーランドと関係強化を目指している。全国人民代表大会(全人代)常務委員の張徳江委員長は12~16日にかけてポーランドを訪問し、シドウォ首相やドゥダ大統領など政府要人を始めとする有力議員と会談。13日にはクフチンスキ下院議長と、両国の議会間交流・協力の促進で合意文書に調印した。また、ピオトロフスキ・エネルギー副首相は14日、訪問先の北京で国家能源局(エネルギー局)の李凡エイ(●エイは草かんむりの下にウかんむり、その下に木)副局長と原子力分野における提携合意を結んだ。

中国の習近平国家主席は先に、ポーランドが「地理的にみても、中国と欧州の交流で戦略的に重要になる」と指摘していた。一方、中東欧で筆頭格のポーランドはさらなる経済成長に向けて欧州外の提携先を模索しており、中国からの資金をテコに一層の発展につなげる狙いがある。

中国はアジアと欧州との経済関係強化を目指す「一帯一路」構想に基づき、インフラ整備と取引拡大に400億米ドルを投資する方針だ。また、同国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)も支援資金として1,000億ドルを用意している。

2017/07/19

ポーランド、充電インフラ整備が加速

ポーランド政府は今年3月、2025年までに電気自動車(EV)100万台を普及させる野心的な行動...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/07/19

エーオンとMOL、ルーマニアでEV充電施設を整備

独エネルギー大手エーオンとハンガリーの石油ガス最大手MOLはこのほど、ルーマニアで電気自動車(...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/07/19

石炭の電源構成比、30年には6割以下に

ポーランド政府は電源構成に占める石炭火力発電の割合を2030年までに2015年の81%から60...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/07/19

中国向け天然ガスパイプライン「シベリアの力」、19年末開通へ

天然ガス世界最大手のロシア国営ガスプロムは4日、中国向け天然ガスパイプライン「シベリアの力」を2019年12月から稼動することで中国石油天然気集団(CNPC)と合意書を交わしたと発表した。14年5月に結んだ供給契約に付随するもので、30年間にわたり、年380億立方メートルを輸送する。

「シベリアの力」は東シベリア産の天然ガスを中国へ輸出するルートとして敷設が進められている。全長約3,000キロメートルで、ガスプロムが開発するチャヤンダ・ガス田(サハ共和国)とコヴィクタ・ガス田(イルクーツク州)を中国国境と結ぶ。

2017/07/12

パクシュ原発拡張プロジェクトで初の大型入札

ロシア原子力公社(ロスアトム)のエンジニアリング子会社で、ハンガリー・パクシュ原子力発電所の拡...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/07/12

チェコ国営電力CEZ、ドイツの総合ビル管理会社を買収

チェコ国営電力CEZが、ドイツの総合ビル管理会社エレヴィオンを買収する。投資会社ドイチェ・プラ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/07/12

伊A2A、モンテネグロ政府に国営電力株を売り戻し

イタリアの公益企業A2Aは先ごろ、モンテネグロ政府に対し、同国の国営電力産業(EPCG)の同社保有株式を2億5,000万ユーロで売り戻すことを提案した。売り戻しは来年5月1日に開始する見通し。両者が昨年8月に締結し、今年3月に補足した合意書によれば、政府はA2Aから7回分割で買い戻すことができる。

A2Aは2009年にEPCGの株式41.2%を4億3,600万ユーロで取得し、55%は政府が保有した。

同国のマルコビッチ首相は今年5月末にA2A株式が売却されることを認めていた。

2017/07/12

チェコのリグラス、キルギスで水力発電所建設を受注

キルギス共和国のナルン川上流域カスケード型水力発電所建設計画で、チェコのリグラス(Liglas...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/07/12

独センビオン、セルビアで風力発電設備受注

風力発電設備大手の独センビオンは先ごろ、ベルギーの再生可能エネルギー会社エリシオから、セルビア...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/07/05

商船三井がLNG船4隻の貸船契約締結、露ヤマル産LNGを輸送

商船三井(MOL)は6月29日、ロシア北極圏のヤマル半島から液化天然ガス(LNG)を輸送する事...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/07/05

三菱日立パワー、ポーランドでガス火力発電設備を初受注

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は6月30日、ポーランドの建設会社PxMと共同で、国営天然...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/07/05

米GE、ルーマニアCHPプラントの主要設備を受注

米ゼネラル・エレクトリック(GE)は6月27日、ルーマニア国営ガス会社ロムガスから、同国中部ム...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/07/05

独復興金融公庫とスイス、セルビアのバイオマス計画を支援

ドイツ復興金融公庫(KfW)がスイス政府と共同で、セルビアのバイオマス・プロジェクトを支援する...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/07/05

米、対ロシア制裁を拡大

米財務省は20日、ウクライナ紛争に関連する対ロシア制裁の拡大を発表した。親ロシア武装勢力が支配するウクライナ東部と、ロシアに編入されたクリミア半島で事業を展開する個人・企業など、合計38人・団体を制裁対象に加える。対象となる人物・団体が米国に持つ資産を凍結するほか、米国人に対しても制裁対象者との取引を禁じる。対象にはロシア政府関係者も含まれている。

今回の米の決定に対し、ロシア政府は対抗措置の検討に入るなど反発を強めている。両国の関係は、内戦下のシリアでロシアが支援するシリア政府軍機を米軍が撃墜した17日以来緊迫しており、さらなる悪化が懸念される。

米国と欧州の関係にも軋轢(あつれき)が生じそうだ。追加制裁法案が米上院を通過した15日の時点で、メルケル独首相とオーストリアのケルン首相は、「欧州のロシア産天然ガス調達を難しくすることを通じて、米国産ガスの輸出を増やそうとする経済的意図に基づいている」と強く反発した。同法案で、ロシアのパイプライン建設に500万米ドル以上を融資したり、材料・設備などを供給した企業に対して、トランプ大統領が制裁を発動する権限を持つことを定めていることが批判の背景にある。

ロシア産天然ガスをドイツ経由で欧州に供給するバルト海天然ガスパイプライン「ノルド・ストリーム」の拡張計画には、英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルやオーストリアOMV、独ユニパー、ヴィンタースハルが参加している。

2017/06/28

ロスアトム、風力発電事業でサウジ企業と提携へ

ロシア原子力公社(ロスアトム)は21日、傘下のロスアトム・インターナショナル・ネットワークがサ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/28

エストニア国営電力、ポーランド電力・ガス販売市場進出

エストニア国営電力エースティ・エネルギア(Eesti Energia)は21日、ポーランドのエ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/28

チェコ電力大手EPH、英ガス火力発電所を買収

チェコ電力大手のEPHは21日、英エネルギー大手セントリカの2つのガス火力発電所を買収すること...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/28

チェコ電力大手エネルゴプロ、CEZにブルガリア事業の買収を提案

チェコ電力大手のエネルゴプロは26日、同国国営電力CEZに対し、ブルガリア事業の買収提案を行っ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/28

ロスアトム、トルコ原発株49%を売却

ロシア原子力公社(ロスアトム)は19日、トルコ南部で計画中のアックユ原子力発電所の株式49%を...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/28

ガスプロム、露南部にガス化学工場建設を計画

ロシア国営ガス会社ガスプロムは先ごろ、現地企業の「カスピ海イノベーションカンパニー(KIK)」...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/28

ベラルーシとリトアニアの対立が激化、新原発をめぐり

ベラルーシが建設中のアストラヴェツ原子力発電所をめぐり、同国と隣国リトアニアの対立が激化してい...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/28

露ロスアトムとハンガリーMVMが戦略提携で合意

ロシア国営原子力企業ロスアトムは19日、ハンガリー国営電力MVMと戦略提携することで合意した。...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/21

「サウス・ストリーム」パイプライン計画が復活か

ロシア産天然ガスを黒海・ブルガリア経由で欧州に供給するパイプライン計画「サウス・ストリーム」が...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/21

ポーランド、米国産LNGを初調達

ポーランド北西部シフィノウイシチェの液化天然ガス(LNG)受け入れ基地が8日、米国産LNGの初...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/21

仏トタル、アゼルバイジャン国営石油と合弁設立

仏石油大手トタルとアゼルバイジャン国営石油会社のソカール(Socar)が合弁会社を設立し、アゼ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/21

ロスネフチ、北極海東部で油田発見

ロシア石油最大手の国営ロスネフチは18日、北極海東部の大陸棚で新たな油田を発見したと発表した。...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/21

フィリピン、ロシアからの天然ガス輸入拡大を検討

フィリピンがロシアからの天然ガス輸入拡大を検討している。今後、国外からの調達量引き上げが見込ま...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/21

ルクオイル、メキシコ湾で開発権を取得

ロシア石油大手のルクオイルは19日、メキシコ政府が実施したメキシコ湾鉱区入札で開発免許を獲得し...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/21

サンクトペテルブルクが経済好調、投資も進む

ロシアのサンクトペテルブルクとその周辺のレニングラード州の経済が好調だ。2016年の同市および...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/21

チェコCEZ、独ABO Windから仏風力発電事業を取得

チェコ国営電力会社CEZは6日、ドイツの風力発電プロジェクト会社ABO Wind(ヴィースバー...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/14

欧州復興開発銀、トルコの地熱開発事業に500万ユーロ

欧州復興開発銀行(EBRD)は5日、トルコの再生可能エネルギー開発会社プロシン・エナジー(Pr...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/14

墺OMV、露社とイラン石油事業で提携

オーストリア石油大手のOMVは2日、露ガスプロムの石油子会社ガスプロムネフチとイランの石油事業で提携することで基本合意したと発表した。上流事業の強化に向けてロシア企業とのパイプを太くしたいOMVと、中東地域を成長戦略の要と位置付けるガスプロムネフチの思惑が一致した。両社はイラン国営石油会社(NIOC)と協力し、石油鉱床の分析や評価、調査を実施する予定だ。

OMVの上流事業部門のプライニンガー統括責任者は、「ロシアはOMVの上流事業の新たな中核地域だ。中東におけるガスプロムネフチとの提携は今後の上流事業に活かされる」と意義を強調した。また、ガスプロムネフチのヤコブレフ第1副事業部長は、「中東は戦略上の最優先地域。OMVが中東とイランで持つ豊富な経験をもとに共同作業を進めたい」と期待を示した。

イランの核開発をめぐる欧米の制裁が昨年に解除されたことを受けて、国外の資源大手各社は同国の石油事業に再参入している。OMVは2001年にイランへ進出したが、制裁のため06年に同国事業を中止していた。

2017/06/07

ロスネフチと英BP、天然ガス事業で提携

ロシア石油最大手の国営ロスネフチと英石油大手BPは2日、天然ガス事業での戦略提携契約に調印した...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/06/07

アゼルバイジャン国営石油ソカール、トルコに30億ドル追加投資

アゼルバイジャン国営石油会社のソカール(SOCAR)がトルコで石油化学工場の設置に向け、最大30億米ドルを追加投資する計画だ。トルコ石油化学大手ペトキム(Petkim)への出資に次ぐもので、助成措置適用に向けて政府と交渉中という。ペトキムのヴァギフ・アリエフ会長が5日明らかにした。

ソカールによる過去10年の対トルコ投資残高は約110億ドルに上る。2020年には180億ドルを超える見通しだ。トルコ政府は新しい投資奨励プログラムで、特定企業への戦略投資に助成を行っている。

2017/06/07

ハンガリーの再可エネ企業、ベトナム建設大手と提携

ハンガリーの再生可能エネルギー企業サーモワット(Thermowatt)は23日、ベトナムの建設...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/05/31

トルコ産業開発銀、クリーンエネルギー支援に35億ドル

トルコ産業開発銀行(TSKB)は22日、世界銀行と共同で開催した国際地熱会議(IGC)で、二酸...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/05/31

三菱日立パワー、ポーランドに統括拠点開設

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は18日、ポーランドの2事業所を統合し、ワルシャワ市内に新たな統括拠点を開設したと発表した。MHPSの欧州拠点法人(MHPS-EDE、ドイツ・デュイスブルク)のワルシャワ事務所と、MHPS直轄のプロジェクト遂行事務所を統合した。営業や顧客サービス、プロジェクト遂行などの業務を一体化し、石炭火力発電システムや総合排煙処理システム(AQCS)の需要開拓を強化する。

ポーランドは総発電量の約9割を石炭火力に依存する石炭資源国。政府は、褐炭などの低品位炭を有効活用できる高効率の石炭火力発電システムの導入や、環境負荷の低減に役立つAQCSの普及に力を入れている。

MHPSはポーランド電力大手エネアのコジェニッチェ火力発電所で出力107万5,000キロワットの瀝青(れきせい)炭焚き火力発電設備を建設しているほか、昨年は脱硝装置2基を設置した。また、国営電力会社PGEのトゥルフ火力発電所向けに出力45万キロワットの褐炭焚き火力発電設備を建設している。

2017/05/24

丸紅と川重、ウズベクでコジェネ実証事業開始

丸紅と川崎重工はこのほど、ウズベキスタン東部のフェルガナ熱電供給所にコジェネレーションシステム...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/05/17

ガスプロムが「トルコ・ストリーム」着工、19年末の稼働目指す

ロシア国営ガス会社ガスプロムは7日、ロシア沖の黒海で天然ガスパイプライン「トルコ・ストリーム」...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/05/10

チェコ国営鉱山企業、ウラン採鉱を終了

チェコ国営鉱山企業のディアモ(Diamo)は先ごろ、中東部のロジナーにあるウラン鉱山を閉鎖し、...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/05/10

チェコ電力会社、トルコの水力発電整備事業を取得

チェコの電力会社エネルゴプロ(Energo Pro)は4日、トルコ最大級の民間水力発電プロジェ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/05/10

ロスネフチの1-3月増益幅、予想下回る8.3%に

ロシア石油最大手の国営ロスネフチが5日発表した2017年1-3月期(第1四半期)の純利益は前年...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/05/10

国営ガスPGNiG、フォータムのガスインフラ会社を取得か

ポーランド国営天然ガス大手のPGNiGが、フィンランド電力最大手フォータムのポーランド・ガスインフラ子会社を取得するもようだ。現地経済紙『プルス・ビズネス』によると、取引高は約2億ズロチ(約4億7,300万ユーロ)と推測される。

両社の交渉は最終段階に入っている。複数の情報によると、欧州の投資企業が共同投資する可能性もあるもようだ。(1PLN=28.81JPY)

2017/05/03

ポーランド国営電力、仏エナジープールとDRで合弁

ポーランド国営電力会社ポルスカ・グルパ・エネルゲティチュナ(PGE)は仏節電ビジネス大手エナジ...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/05/03

ウクライナ国営ガス2社、伊スナムらと輸送網事業で提携

天然ガスパイプライン運営事業者の伊スナムとスロバキア・ユーストリームは先ごろ、ウクライナ国営の...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/04/26

ガスプロムほか5社が資金協定調印、ノルドストリーム拡張で

ロシア国営ガス会社ガスプロムは24日、ロシアとドイツを直接結ぶバルト海天然ガスパイプライン「ノルド・ストリーム」の拡張計画(「ノルド・ストリーム2」)に必要な費用の調達に関連し、欧州の提携先5社と資金協定に調印した。ガスプロムが費用の50%、欧州5社がそれぞれ10%を負担する内容で、ポーランド競争当局の反対で暗礁に乗り上げた拡張計画が再始動する。

資金協定によると、ドイツのBASF子会社ヴィンタースハル)、エーオン子会社ユニパー、墺OMV、英蘭系シェル、仏エンジーがそれぞれ最大9億5,000万ユーロを拠出する。これにより、予定総工費95億ユーロの半分がまかなえる。残りはガスプロムが負担する。

今回の拡張計画は、既存の送ガス管2本に加え、新たに2本を敷設するものだ。年内着工、2019年完工が予定されている。稼働すると年間輸送能力は現行の2倍に当たる1,100億立法メートルへ増加する。

ガスプロムと欧州5社は当初、ガスプロムが51%、エンジー9%、その他4社が各10%を出資する合弁事業として新パイプラインを運営する計画だった。しかし、ポーランドで合弁会社の企業登録を申請したところ、同国競争当局(UOKiK)に却下されたため、昨夏以来、合弁ではない提携の形を模索していた。今回の合意で、スイスに拠点を置くプロジェクト会社「ノルド・ストリーム2」はガスプロムの完全出資会社とし、提携企業が同社に資金を供与する形が決まった。

ノルド・ストリームはロシア産天然ガスを従来の輸送経路である東欧諸国を迂回してドイツに運ぶもので、拡張計画には関連諸国が反発している。また、ロシアへのエネルギー依存度低下を目指す欧州連合(EU)も「市場自由化のルールに抵触する」として反対姿勢をとっている。

2017/04/26

ハンガリーとイランが原子力協力推進

ハンガリー政府は先ごろ、イラン政府と原子力協力の拡大で合意した。研究用小型原子炉の開発及び安全...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/04/26

米政府、エクソンモービルの黒海合弁事業の継続認めず

米国のムニューチン財務長官は21日、「トランプ大統領との協議を踏まえ、エクソンモービルを含む米...

この記事は東欧経済ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
2017/04/26