遠隔医療プロジェクト始動

遠隔医療のパイロットプロジェクトが16日、西南ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州で始まった。...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/04/18

BMW―自動運転開発拠点を開設―

自動車大手の独BMWは11日、本社所在地ミュンヘンの北方およそ20キロのウンターシュライスハイ...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/04/18

バイエル―デジタル農業事業をBASFに譲渡―

製薬・化学大手の独バイエル(レバークーゼン)は11日、デジタル農業事業を独競合BASFに譲渡す...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/04/18

SAP

統合基幹業務システム(ERP)大手の独SAPは10日、ユーザー数に基づいて決まるライセンス料金の計算モデルを同日付で変更すると発表した。機械がネットワークでつながる時代に突入したことを受けて、機械がソフトを利用した場合の料金を人が利用した場合と同一に設定するこれまでの料金モデルに対し顧客企業から批判が出ているためで、人と機械とで料金体系を別々にする。同社は新料金体系の導入で売り上げが落ち込むことはないとしている。

2018/04/18

オスラム―車載知的照明合弁でコンチネンタルと最終合意―

照明大手の独オスラム(ミュンヘン)は6日、自動車向けの知的照明ソリューションの合弁会社を自動車...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/04/11

シーメンス―産業IoT用異常検知システム開発―

電機大手の独シーメンス(ミュンヘン)は10日、ネットワークでつながった産業機器をサイバー攻撃か...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/04/11

シーメンス―RTLSの有力企業を買収―

電機大手の独シーメンス(ミュンヘン)は5日、リアルタイム位置情報検知システム(RTLS)の有力企業である独アギリオン(Agilion)を買収したと発表した。産業向けIoTの分野でポートフォリオを拡充する狙い。シーメンスは今回の買収により、リアルタイムで対象物の位置情報とステータスを検知するソリューションの提供を開始した。

アギリオンは生産、物流、メンテナンス分野のRTLSで定評があり、多くの対象物を数センチメートルの精度で検知するシステムを提供している。従業員数は約60人。

2018/04/11

移動サービス統合でダイムラーとBMWが合意

独高級車大手のダイムラーとBMWは3月28日、両社の移動サービス事業を統合することで合意したと...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/04/11

シーメンス―アトスとの戦略協業を強化―

電機大手の独シーメンス(ミュンヘン)は26日、仏ITサービス大手アトスとの戦略協業を強化すると...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/28

N26―アリアンツなどから1.6億ドルを調達―

モバイルバンキングサービスを手がける独新興企業N24(ベルリン)は20日、保険大手の独アリアン...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/28

無人運転バスの試験プロジェクト、ベルリンで始動

無人運転バスの試験プロジェクトが26日、ベルリンで始まった。運転手のいないバスを市民がどう受け...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/28

コンチネンタル―商用車タイヤをIoT化、監視サービス開始―

自動車部品大手の独コンチネンタル(ハノーバー)は22日、商用車用タイヤ監視システムを同日付で市...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/28

シーメンス―交通ソフトのエイムサンを完全買収―

電機大手の独シーメンス(ミュンヘン)は20日、交通ソフト開発の西エイムサン(Aimsun)を完...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/28

ジクスト―カーシェアに再参入―

レンタカー大手の独ジクスト(プラッハ)は15日、カーシェアリング事業への再参入方針を発表した。...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/21

シーメンス―3Dプリンター工場を新設―

電機大手の独シーメンス(ミュンヘン)は19日、英ウスターに3Dプリンターの生産施設を建設すると...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/21

ブラジルのデジタル化支援へ、シーメンスが当局と合意

電機大手の独シーメンスは14日、ブラジル輸出投資振興局(APEX)と覚書を交わしたと発表した。...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/21

音声アシストを53%が利用、プライバシー保護や性能アップが普及拡大のカギに

ユーザーの発話を解釈して指示された操作を実行する音声アシスト機能をこれまでに少なくとも1度、利...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/14

独ビッグデータ市場、今年は10%成長見通し

独情報通信業界連盟(Bitkom)は13日、ドイツのビッグデータ市場が今年は前年比10%増の64億ユーロに拡大し、昨年に引き続き2ケタ台の伸び確保するとの予測を発表した。Bitkomのアッヒム・ベルク会長は「インテリジェントなデータ解析はますます多くの企業で成功の基盤となっている」と明言した。

今年のビッグデータ市場を分野別でみると、最大のソフトウエアは9%増の31億ユーロに拡大。サービスも11%増えて26億ユーロとなる。規模は小さいもののハードウエアは18%増の7億ユーロと伸び率が最も大きい。

2018/03/14

欧州初のレジなし店舗、家電量販大手が開設

独家電販売大手セコノミー傘下のザトゥーンは8日、レジを設置しない店舗を開設した。欧州初のレジな...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/14

「従業員に替えてアルゴリズム投入」、通販大手が人員削減へ

ネット通販大手の独ツァランドがマーケティング部門の社員を削減する。アルゴリズムや人工知能(AI...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/14

スマホ顧客を車内検札の対象外に

予約した座席への着席確認をスマートフォンで行ったドイツ鉄道(DB)の乗客は5月から、車内検札を受けなくなる。DBのリヒャルト・ルッツ社長が『ビルト・アム・ゾンターク』紙に明らかにしたもので、乗客は検札の煩わしさから解放され、客室乗務員も乗客各人の要望にきめ細かく対応できるようになるとしている。

2018/03/14

独政府にハッカー攻撃、データ流出の懸念

ドイツ政府のネットワークがサイバー攻撃を受けていることが2月28日、明らかになった。dpa通信...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/07

ダイムラー―欧州カーシェア合弁を完全傘下に―

自動車大手の独ダイムラー(シュツットガルト)は1日、欧州カーシェア合弁カー2ゴー・ヨーロッパの...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/03/07

ダイムラー

自動車大手の独ダイムラーは5日、バン部門メルセデスベンツ・バンと米ヴィアの欧州合弁会社ヴィア・バンが同日から蘭アムステルダムでライドシェアサービスを開始すると発表した。同合弁が欧州でサービスを行うのは初めて。今後はベルリン、ロンドンなど他の都市にも拡大していく。ヴィア・バンは昨年9月に設立された。

2018/03/07

ボッシュ―モビリティサービス事業部を設立―

自動車部品大手の独ボッシュ(シュツットガルト)は21日に開幕した自社イベント「ボッシュ・コネク...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/28

ダイムラー―行動・ニーズ予測の新興企業に出資―

自動車大手の独ダイムラー(シュツットガルト)は26日、スマホユーザーの行動やニーズを予測するソ...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/28

日立産業制御―自動車新規制対応サービスで独社と協業―

日立産業制御ソリューションズは20日、自動車業界向けエンジニアリングサービス大手の独IAVと協...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/28

エルゴ―IBMと合弁、販売停止の生保契約管理へ―

ミュンヘン再保険の元受子会社エルゴ(デュッセルドルフ)は22日、IT大手の米IBMと合弁会社を...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/28

中小メーカーのIoT化支援へ、ボッシュとミュンヘン再保険が協業

ハイテク大手の独ボッシュと再保険世界最大手のミュンヘン再保険は22日、事業のIoT化に取り組む...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/28

ブロックチェーンが重要テーマとして急浮上

分散型台帳技術のブロックチェーンが情報通信業界のテーマとして重要性を増している。独情報通信業界...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/28

INGディバ―融資仲介のフィンテック買収―

蘭金融大手INGグループの独ネット銀行子会社INGディバ(フランクフルト)は19日、独フィンテ...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/21

被用者の25%がコンピューターで代替可能、3年で10ポイント拡大

コンピューターやロボットによる業務の代行が可能な仕事に従事する人の割合が急速に増えていることが...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/21

グーグルがミュンヘン工科大を支援、人材確保の狙いも

IT大手の米グーグルは16日、独ミュンヘン工科大学を支援することで合意した。人工知能(AI)や...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/21

「サイバーセキュリティ憲章」に欧米企業が署名

シーメンスをはじめとする欧米の国際的な企業・組織は16日、ミュンヘン安全保障会議の会場で「サイバーセキュリティ憲章」に署名した。モノのインターネット(IoT)など経済・社会のデジタル化を推し進めるためにはネット利用に対する幅広い信頼の獲得が欠かせないことから、同憲章を通して政府、企業に必要な行動を促す考えだ。

同憲章はシーメンス(電機)の主導で作成されたもので、同社とエアバス(航空宇宙)、アリアンツ(保険)、ダイムラー(自動車)、IBM(IT)、NXP(半導体)、SGS(技術監査)、ドイツテレコム(電気通信)の計8社とミュンヘン安全保障会議を主催する非営利団体MSCが署名した。G7の議長国であるカナダのクリスティア・フリーランド外相と欧州連合(EU)欧州委員会のエルジビエタ・ビェンコフスカ委員(域内市場・産業・起業・中小企業担当)が支持を表明している。

シーメンスのジョー・ケーザー社長は「データとネット化したシステムの安全性に対する信頼はデジタル転換の重要な要素の一つだ」と述べたうえで、人々や企業の信頼を獲得するために主要な企業が個別に行動するのでなく力を合わせることが重要だと強調した。同憲章の新たなパートナーを歓迎するとしている。関心を示す企業は多く、米国の複数の「ビッグプレイヤー」も近く、メンバーに加わる見通しという。

同憲章では政府と企業が取り組むべき課題として、◇サイバーセキュリティ専門の省の設置と最高情報セキュリティ責任者(CISO)の任命◇自動運転や協働ロボットなどサイバー攻撃で深刻な状況が起こり得るIoTインフラを独立機関が認証する制度の導入◇セキュリティ・データ保護機能をあらかじめ搭載したうえでIoT製品を出荷する◇サイバーセキュリティ規則を自由貿易協定の一部として組み込む◇教育や国際的な取り組みを強化する――などを挙げている。

シーメンスはサイバーセキュリティ業務に大きな力を注いでおり、専門要員1,300人を雇用。自社ネットワークに脆弱性がないかをテスト攻撃を通して調べ、発見後は速やかに対策を打っている。

だが、攻撃性と巧妙性を増すサーバー攻撃に企業などが単独で対処するには限界があることから、ケーザー社長は官民の連携や国際的な標準化・制度化の必要性を痛感。MSCのヴォルフガング・イッシンガー理事長とともに今回の動きを準備してきた。

「ジュネーブ条約のデジタル版を」=マイクロソフト社長

サイバー攻撃の被害は大きく、欧州ネットワーク情報セキュリティ庁(ENISA)によると、2016年の被害総額は世界全体で5,600億ユーロを超えた。欧州では被害額が国内総生産(GDP)の1.6%に達する国が数カ国ある。

ドイツでも企業・機関の約70%が2016~17年の2年間に少なくとの一度、サイバー攻撃を受けている。

一方、ハイテク調査会社ガードナーによると、世界で使用されているネット接続機器の数は昨年84億台に上り、前年比で31%増加した。20年には204億台に達すると予想しており、IoT社会は急速に進展する見通しだ。IoT機器の数が世界の人口の2倍以上に上る時代が2年後に到来するわけである。

それにも関わらず、セキュリティ対策は依然として後手に回っている。情報通信業界連盟(Bitkom)がドイツの消費者を対象に昨年実施したアンケート調査では、ウイルスソフトやファイアウォールなど何らかの対策を取っているとの回答は88%に達したものの、パソコンやスマホから情報が知らないうちに流出しているかもしれないと考える人も62%と多かった。ネット上の個人データも78%が「安全でない」とみている。

こうした懸念は企業も持っており、ネットを安心して利用できる環境の構築は緊急の課題だ。

今回の取り組みにミュンヘン安全保障会議の主催者であるMSCが加わっていることは、サイバー空間が物理的な空間とならぶ安全保障上の重大な領域になっていることを意味する。同会議に参加したマイクロソフトのブラッド・ スミス社長は、武力紛争の際の傷病者、捕虜、文民の保護規則を定めたジュネーブ条約の「デジタル版」を締結することを提唱した。民間インフラを攻撃しないことを加盟国に義務づけるルールの導入を求めている。

2018/02/21

ゾンネン―EV向け電力商品を発売へ―

一般世帯のソーラー発電を利用した仮想発電所を運営する独ゾンネン(ヴィルトポルツリート)が電気自...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/21

デジタル化進展で雇用は大幅減か

経済のデジタル化の進展が雇用にもたらす影響を巡って、ドイツの経済界でちょっとした波紋が広がっている。きっかけは同国が官民挙げて取り組む経済のIoT化戦略「インダストリー4.0(I4.0)」を推進する主要団体である情報通信業界連盟(Bitkom)のアッヒム・ベルク会長(マイクロソフト独法人の元社長)の発言だ。同会長はメディアに対し、デジタル化に伴い近い将来、国内の雇用が大きく失われると発言。他の業界団体は火消しに追われることになった。

ベルク会長は2日発行『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』紙のインタビュー記事で、生活に必要な最低限度の金額を国がすべての市民に給付するベーシックインカムについて「試してみるだけの価値はある」との立場を表明した。経済のデジタル化が進むと、これまで人間が行ってきた作業をロボットやアルゴリズムが行うようになり、失業者が大幅に増加すると予想しているためで、ベーシックインカムの導入でボランティアなどの社会的な活動が活発化するのであれば、悪くないとみているもようだ。

Bitkomが従業員数20人以上の企業500社を対象に実施したアンケート調査によると、「デジタル化の進展で会社の存続が危ぶまれる」との回答は25%に上った。Bitkomは今後5年で340万人の雇用が失われると予想している。これは社会保険に加入義務のある就労者(3,300万人)の約10%に上る水準で、低水準にあるドイツの失業率は近い将来、大幅に高まることになる。

Bitkomはドイツの通信機器業界の雇用規模が1990年代半ばの20万人から現在は10分の1の2万人に減少していることを指摘。デジタル化が進むと今後は銀行・保険、化学・製薬など他の業界でも同様の事態が生じるとの見方を示した。歯科技工士の仕事は3Dプリンターが、税理士の仕事はアルゴリズムが行うようになるとしている。

雇用が失われる一方で、新たな雇用がどの程度、創出されるかについては現時点で算出できないとしており、労働市場の先行きは不透明だ。

シーメンス社長はベーシックインカムを肯定

Bitkom以外の経済団体はベルク会長発言に仰天した。よりによってI4.0の推進団体のトップがデジタル化の負の側面をはばかることなく指摘したからだ。独商工会議所連合会(DIHK)のマルティン・ヴァンスレーベン専務理事は2日の声明で、「デジタル化は経済強国ドイツの中心的な課題である。まさにそれゆえに、誤ったシグナルを送ることは危険だ」と指摘。名指しを避けながらもベルク会長をけん制した。

BitkomとともにI4.0戦略を推進するドイツ機械工業連盟(VDMA)のカールマルティン・ヴェルカー会長はデジタル化によって失われる雇用よりも創出される雇用の方が多いとしてBitkomのアンケート調査結果を批判した。

Bitkomもベルク会長もわずか5年で340万人もの雇用が失われるという予測の根拠を具体的に示していない。Bitkomのような悲観的な予測はむしろ少数派で、連邦雇用庁(BA)傘下の労働市場・職業研究所(IAB)は、ドイツ雇用は2025年までに計150万人失われるものの、創出も含めた差し引きでほとんど変化しないとの調査報告を発表している。

ただ、デジタル化が雇用にもたらす長期の影響については悲観的な見方をする財界人が少なくない。IoTを経営戦略の柱に位置づけるシーメンスのジョー・ケーザー社長は2016年に『南ドイツ新聞』が主催したシンポジウムで、デジタル化に伴う変化のスピードについていけない人々が出てくるが、そうした人々のペースに合わせていたのではドイツと欧州は経済競争に敗れてしまうと指摘。デジタル化の“負け組”にベーシックインカムを保障することは「絶対に避けられなくなる」との見方を示した。「世界のすべての人がソフトエンジニアであるわけではない」ことから、「負け組となる人々を包み込んで共生する寛容な心を持てないのであれば、産業のデジタル化は社会に受け入れられない」とみている。

ベーシックインカム関してはフィンランドが昨年1月に実験を開始した。ドイツではシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州政府が実験を行う意向を昨秋に表明している。

2018/02/07

ワン―自社商品の販売開始―

ネット保険分野のスタートアップ企業である独ワン(One、ベルリン)は1日、同社初の保険商品の販...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/07

リフト

アプリを用いた配車サービスを手がける米リフトが同社初の欧州拠点をドイツ南部のミュンヘンに開設する。新拠点では自動運転用のソフトウエア開発に取り組む。具体的な計画はないものの、欧州での配車サービスも視野に入れている。リフトのブログ投稿としてブルームバーグ通信が報じた。

2018/02/07

コンチネンタル

自動車部品大手の独コンチネンタルは5日、米IT大手のエヌビディアの車載人工知能プラットフォーム「エヌビディア・ドライブ」をベースに自動運転システムを開発することで両社が合意したと発表した。最終定にハンドルとブレーキのないドライバーレス車両(レベル5)向けのシステムを開発する計画。レベル3の自動運転車向けのシステムは2021年の市場投入を目指す。

2018/02/07

BMWの自動運転開発連合に現代自が参加か

独自動車大手のBMWグループなど3社が2016年に発足させた自動運転プラットフォームの開発連合...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/07

企業・機関の7割がサイバー攻撃の標的に

ドイツの企業・機関の70%が2016~17年の2年間にサイバー攻撃を受けていたことが、連邦情報...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/02/07

IBMが独クラウドへのアクセスを制限、米情報機関への顧客の不安受け

米IT大手のIBMが、独フランクフルトにある同社のクラウドセンターに欧州連合(EU)域外からア...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/31

V2Xで運転支援システムの機能向上、ボッシュなどが実証

自動車部品大手の独ボッシュは24日、車両とあらゆるものをつなぐ通信技術であるセルラーV2Xの共...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/31

アウト・アインツ―調達資金でグローバル化、ウーバーなどと協業も―

中古車販売ポータルの独新興企業アウト・アインツ(ベルリン)は、ソフトバンク系の巨大投資ファンド...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/31

BMW―カーシェア合弁ドライブナウを完全傘下に―

高級車大手の独BMW(ミュンヘン)は29日、レンタカー大手ジクストからカーシェア合弁ドライブナ...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/31

ボッシュ―売上記録更新―

自動車部品大手の独ボッシュ(シュツットガルト)が30日発表した2017年12月期暫定決算の売上...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/31

シーメンス―IoT用OSのユーザー団体を18社と共同設立―

電機大手の独シーメンス(ミュンヘン)は24日、同社が開発・運用するクラウドベースの産業用IoT...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/31

SAP―顧客管理ソフト会社を買収、クラウド事業強化へ―

企業向けソフト大手の独SAP(ヴァルドルフ)は30日、顧客関係管理(CRM)ソフトの米カリダス...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/31

SAP―仏に20億ユーロ投資、スタートアップ支援拠点開設も―

業務用ソフト大手の独SAP(ヴァルドルフ)は22日、フランス事業の強化方針を発表した。同国がデ...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/31

地方部でネット通販が急拡大、人口と店舗の減少が追い風に

人口が少ない地方部でネット通販の需要が増えている。都市部への人口集中などを受けて地方の人口が減...

この記事はドイツ経済ニュースご購読のお客様がお読みいただけます。
閲覧するにはログインしてください。
2018/01/31